手汗の理由。沖縄レンタバイクの旅`07

何故こんなにもおナナハンの納車を前にして
不安でいっぱいなのか。

その理由として

慣れないバイクへの恐怖

があります。




昨年2月末の新米&無謀ライダーの体験です(笑)
この時点で納車からすぐの入院もあって
乗り出して1ヶ月程度のバイク歴でした~。

某所で書いていた日記を編集しました(また長文)

-----
旅ってきました。

BD割引で航空券が安くとれる!と気づいたのが
3日間の日程で予約できるギリギリ最後の数時間前。
誰かと調整している暇もないので即断で一人旅決定!

出発までの日々は体も心も余裕が全くなくて
旅の行程を決めることができたのは出発前夜。

当日朝。GBで羽田に向かおうと玄関のドアを開けると
雨。。。幸先悪くない?予報雨だったっけ?

無理ができないので電車で空港へ向かいます。

空港に着くと福岡から来る搭乗予定便が雨で50分遅れ。。
午後到着なので予定がずれてしまうのでかなりヤキモキ。

そんなこんなで到着したのは

おきなーわ(^^)/

空港に到着して某所へ電話。 すぐにお迎えが来ました☆

車で10分弱。到着したのは

レンタルバイクショップ!!!!

前日までどうするか迷い続け、まだ大丈夫なのか問い合わせてみると
当日ではバイクが用意できないかもしれないと言われ
決めてしまったのがエリミネーター250。憧れのアメリカンですよっ 当時ね


目の前にしてみて..... でかっ!!!
マジでこれ私に乗れるんだろうか。。。
d0141234_1645193.jpg

奥の白い方です。

出発前のチェックで、キー穴からキーがON状態で
抜けてしまうことが発覚。

どうするか聞かれ、怖い!ムリ!と伝えると言うと
新車のエリミを出してきた。

ひぇーーー、新車はプレッシャーでか過ぎですっっ。

それじゃぁ、と言われ出されのがドラッグスタークラッシック250

跨いでみた。

無理!!ハンドルの角度が広すぎてまるで両手開き。
とてもじゃない。 むりむりむり。

結局、いろんな覚悟を決めて
スペアキーを受け取って傷が結構あるエリミで出発です。

沖縄の道路は予想以上に混んでいる。

バイクがデカいし慣れないのですり抜けもできず
1時間後に予約してしまった糸満市のガラス村に向かう。

とにかく渋滞続き、スピードも遅くて2,30km/h程度で凄~く気を使う。
だけれど走り慣れてくるとアメリカンも問題なく乗れる。


と、気が緩みつつあった。


そのタイミングで前の車が急ブレーキ気味に停まった。


リアブレーキの位置に慣れていなくて
とっさに前輪ブレーキをギュっとかけてしまった。。


次の瞬間、前輪がロック


ずべべべべーーーー


コ ケ マ シ タ orz


沖縄の道路に身体が転がった時
脳裏に「GAME OVER」と浮かんだ(笑)

道路を摩擦してすべる感覚がひざを伝わってきた。

体が道路を転がる衝撃。
そしてエリミネイターが道路に倒れて部品がバラバラと転がる音。

瞬間目を閉じていたので音だけの世界。

あぁぁあぁ。わずか30分でゲームが終わってしまった。
そういえば昔からゲーム物は始めてすぐゲームオーバーだったよな(泣)

通り過ぎる車のドライバーが何か声をかけてきたけれど
何を言っているのか聞き取ることができなかった。
罵声なのか労わりの声なのかすら。。

その日は前の週にチャップス購入したチャップスを着用していた。
おかげで擦り傷はできなかった。打ち身だけ。

牛さんありがとう!!!!

しかもオーバーパンツを買いに行って、お店のオカマ言葉気味のおにいさんに、
「万が一の時に一番怖いのは肉のえぐれよ!」と力説されて
決めた本革製のチャップスだったのだ。しかもだいぶ値引きしてくれた。
ついでにおかまのおにいさんありがとう!!

そんなことがヨギル。
それ位余裕があったし冷静だった。

数秒で即座にバイクを起こしにかかる。

すぐに後ろから来た原チャのお兄さんが助けてくれ
どこからか緑の液体が漏れたエリミを一緒に路肩に停めてくれた。

でもあわてたお兄さん、自分の原付を暴走させふっ飛ばしてしまい、
これまた申し訳なかった。。

バイクの損傷は右側のミラーとステップが取れた。。。
それからマフラーの飾り。。 タンクも塗装が剥げた。あいたたた。

これは修理費用の賠償確実。もう走れないな。。。
レンタルバイクショップに電話した。

怪我は無いか心配してくれ、問題ないと答えると
送迎などの兼ね合いで2時間近く迎えに来れないと言われる。
予定は取りやめ、時間はあるのでのんびり待つことにした。

荷物などを移動させているとさっきの原チャのお兄さんが
心配してまた戻ってきてくれ、声掛けてくれた。

あったかいなー、再度ていねいにお礼を言った。

ちょうど目の前のショッピングセンターの駐車場の
クサッパラで一人タバコを吹かしながら呆然。

ショック。

やっぱりか。。

本当は心身ともに初めてのバイクで走れる状態じゃなかった。

体は前々日に鍼、前日に整体に行ってさえも
体のコリが改善しなくて、それでも旅行は迫っていて
他にも決断を迫られることがいくつかあって
正確な判断が出来ない精神状態だった。

逃避のつもりが余計なトラブル。

死んでしまいたい。。。 とまで凹みに凹んだ。

でもすぐ、考え直してこんなに温かく、青い空の下で
落ち込んでも仕方ない、体は無傷に近く、日程はまだ始まったばかり。
と気付きエリミネーターの元へ向かった。。

進行方向と逆を向いたエリミを押し
反対車線にあるお店の駐車場へ移動させた。

エンジンをかけてみた。最初は反応が無かったけれど
あれやこれや試しているうちに始動!

おぉ。。。

お迎えの時間まであと1時間以上ある。
ここで待っても事態は進展しない。
停滞したくない。リベンジしたい。

そう思ってお店まで走ることにした。

右ミラー無し、右ステップ無し。
こえーーーー。

幸いにも私はトラブルが起こった時ほど
肝が据わって冷静になるタイプ。

行きとは違う集中力で10kmほどの渋滞気味の道のりを戻った。

途中ではめ直したマフラーの飾りがガランガランと
道に落ちるというドリフな事態もあったけど(笑)なんとかお店に到着。


お店の前に着くと店員さんが急いで出てきた。

すぐにオーナーさんとバイクの調子を確認。
店の中で待つように言われた。

修理がすぐに可能であれば旅程を続行したいと
伝えたが部品と修理の手配がすぐにはできないとのこと。

残念無念。

しばらく待たされて修理費の見積額が出た。

ぐぉまんうぇぇぇん。。

ミラー、ステップ、タンク交換の実費で端数と工賃は取らないと言ってくれた。
営業保障も取らないとのこと。

バイクの修理費として、そんなものだろうという金額だったので
すぐにお支払いした。この手のお店にしては良心的なだったと思う。

そして、自分にとっては高い授業料だったとも(ーー;)
何かの暗示か警告だったんでしょう。
バイクを甘く見るな、と。

この程度で済んで本当に良かった。
まだ未熟なテクで初めて乗るバイクで計200km以上を走るなんて
相当の無理があったはず。

うちのハニーだからこの1ヶ月
サクサクと走れていたのね~、と身に沁みた。

東京に戻ったら安全講習バンバン受けよう! とも。



「この後どこに送りましょうか?もうバイクは怖いですよね?」
店員さんが聞いてくれた。

えぇえぇ。
バイクは乗れますがこれ以上コケたり事故ったら
修理代は払えないのでやめておきます。

なのにまだ慣らし走行の終わってない新車のエリミを
勧めるのは冗談にしてもよして欲しかったわ(苦笑)

結局あとの旅程はレンタカーに乗り換え
美ら海水族館など沖縄をしっかり満喫して
2日後無事東京へ戻ったのでした。


いつか沖縄を自分のバイクで気持ちよく走って
この悔しさ晴らしタルっ!!!と年に数回思うNyaaaです。


でもこの経験が深層ではトラウマになっていて
今、手汗ダクダクなんでございます(笑)


納車当日はいきなり箱根に連れて行かれるかもしれません(ーー;)

どうなるNyaaaとおナナハン?!

乞うご期待!!!
[PR]
by NyaAndxxx | 2008-02-29 16:45 | ヤンチャ♀ライダーの○○ネタ
<< 【ネコ】まだ警戒注意報ですか? 世界が変わったと思えた日(20... >>