【第二話】秋の青空の下、キャラ濃い女系二人と日光那須を彷徨うとこだった


えっと、キラキラ星の勇敢なお姫さまのレポがドンドン進んでます。
オカマで子ガモのよちこは来週までアップありません。←ところがどっこい4分違いで今週2回目の更新したよちこ!おそるべしっ



天然かき氷を食べ終え、日塩もみじラインを目指し
引き続き、よちこ-さみゅ姫-Nyaaaの順番で走ります。

今までは簡単なルートだったけどこっから先よちこ先導だいじょうぶか?!

T字で右折してから霧降大橋を左折だよ、と言いふくめておいたけれど、
T字が見つからず気が付くと霧降大橋が目前に。


ここで右へ曲がろうとするよちこ。

ぷっぷー!よちこ!左、左!

慌てて右にウィンカー。曲がるよちこ。それについていくさみゅ姫。


まぁまぁまぁ。


ガソリン何ぞ入れ先を行く。


日塩もみじライン。道なりに行けばいいのかと思ったけども
標識が出てこない。別の有料道路が出てきた。

協議の結果道なりに有料道路を通ることに。
d0141234_1940176.jpg

1つかと思ったら2つの有料道路通過。
すごく短い距離に2つの料金所。100円とか200円とかちまちま払う。

あまりの短さにさみゅ姫と「サギだよねぇ」とクスり。

日塩もみじライン入りました。

そういえば思い出しました。免停明けのツーで通ったよここ。

あの時はチェーンがオイル乾いて錆錆+ガス欠寸前で
ぜーんぜん走れなかった(笑)ひどかった。


ちゃんと整備してあるおナナハンじゃこのあたりの道は気持ちがよいのぅ。

d0141234_1941436.jpg

富士見台で一息。ついつい休憩が長くなる(笑)

d0141234_19421918.jpg

日が暮れる前に宿に着きたいわねぇ。

さぁてもみじラインを降りたら元来た400号を戻るのよ?よちこに念押しして出発~。

しばらくして、出てきたよ看板。

よちこ?よちこーーーっ。そこは左折よ!左折!

よちこ通過。

ちがう、ちがう!減速してんのに気づきゃしない。

ぷっぷーーーっ。

気づかない。

さみゅ姫気づいて減速してオロオロしている。

しゃぁない。

ぎゅいぃーーんっっ 

よちこの後ろへつく。

ぷっぷーっっっ

よちこ、よちこ!止まりなさいってぇ~。

左よ!左!雨まで降ってきたじゃない。

あらま、とよちこ。



ここはUターンしないで先を左にとりあえず曲がって軌道修正するわよ、
と指示し走り出す。

すぐを左へ曲がってみたらすぐにT字があった。
ひょっと上を見ると目の前は400と標識がある。

よしよし。右へ曲がればOKね!

とーーーー思ったら.....よちこ左にウィンカー出してるし(--;)


ぷっぷーっっっ 右よ、右っ!!


すまんすまんっとヘルメット越しに汗出してる風よちこ。

これぞ方向音痴!炸裂でした(笑)


そこからトイレ休憩で停まって地図を確認。
400号に出てしまえば、朝待ち合わせた道の駅を越えてすぐ左折。

その後は一度交差点を左に曲がって道なりで宿に着く。
そんなに難しい道程ではないのよ。

戸田の交差点をだよ~。


おぉおぉ来た来た。戸田の交差点。

で、あ、えぇーっ

よちこ自信満々に右折レーンに突入。

直前まで左ウィンカーだし右折レーンに入らなかったけども
気づかずよちこはそのまま右折....(--;)
さみゅ姫もおかしいと気づいてる風ながら続いて右折。
迷子になっても困るので私も右折...。

なんでそうなるのっ!と欽ちゃんバリに突っ込み入れたかったわぁ。

で、またさみゅ姫を追い抜いてよちこを停める。

あっち!あっち!!と後ろを指差す。

たははー。とよちこ。



「ちょっとまっててー!」とさみゅ姫は直進して
小道を右折して行きました。あぁどこかでUターンして来るのね。

と、私はその場でUターン。

でも、

よちこ停まった場所から動かない。

「なにしてんのーっ」エンジン止めて聞いてみたら

「さみゅさんが待ってて言ったから..」

いやいやいや..

どこかでUターンして来るってことでしょ!
あんたはここでUターンおしっ!

と言ったら「私も行ってくる~」ってさみゅさんの入った小道へ(笑)

こらこらよちこ。CBRで峠○○○km/h出したとか言ってて
ここをUターンできんのかぃっっ!


足がつかないさみゅさんならまだしもよちこは足つくでしょうが...。

日ごろから低速走行をもっと頑張んなさいって言ってますが
コレはひどい...。


こりゃもう宿までの先導はよちこには難しいだろうなと判断しましたが、
根をあげないよちこなので私が二番手で走りフォローすることとしました。


いい具合に緑の多い草原風の気持ちよい道。

こんな写真を撮りました。
d0141234_19442165.jpg


d0141234_19452699.jpg


板室温泉付近を右方向。
地図が判りにくかったのでそう頭に入れて走っていたら

直進は「止まれ」がある小道。右折方向に今までと同じ太さの道。

当然ここは右方向。


と、思ったらよちこ小道へ直進。


ゴラッッーーーー。

だんだんと日が落ちかけていて時間が無い。よちこ鳥目だし。


「こっから先は私が先導するから着いて来なさい、よちこ」
ってこととなりました(笑)


ここまできたら迷わず宿に着ける核心のあった私。
スイスイ走るが何故か100mくらい伸びる隊列。

数キロ走って宿へ右折する道に宿の看板発見。

でも、夜の飲みの買出ししてなかったのでコンビニ行きたいよね。
ってことでそこはそのまま直進することに。

あるかなぁコンビニ。と不安に思ってたら
1キロほどの交差点左手に見つけることができました。

コンビニで買い物をして外へ出てふとTASPOカードを見せるよちこ。
顔写真はOL風ロングヘアの女性。

に「なに?なんで他人のカード持ってるのよぉ??」 


よ「これねぇかなり前の写真なのよぉ。いつのでもいいらしいわよ( ´ω`)」


えぇーーーっっ!よちこ本人ですと?!見れば見るほど別人。
よちこ...一体いつオカマに変わってしまったのさ(笑)


宿に真っ暗になる前に到着。


砂利の駐車場になんとか突っ込みます。
でもここ、いいのかしら?

先に中に入りオーナーさんに聞きに行きました。

「3台で1台分に停めてください」とのことだったので
助け合いながら3台とも砂利をバックさせなんとか一台スペースに収めました。

d0141234_19455148.jpg

さて、ボリューム満点と口コミで評判の夕食です。

d0141234_19463642.jpg

美味しい!感激ですっ

でもなぁ日ごろ貧相な食事に縮んでしまった胃にはかなりへヴィ(--;)
お腹いっぱいになりすぎて体がプルプルしてきちゃったよ。
残すのも申し訳なく勇気が要りました。

でもデザートの濃厚なチョコレートケーキとコーヒーが美味すぎて再び感激!
d0141234_19474865.jpg




ディナーの後は部屋飲み!!!



今月お誕生日のよちこおねぇさまのために
スパークリングワインを持参しました。

一日リアで揺られまくったブツ。

よちこが封を開けた途端

ポンッ

勢いよく栓が飛び吹き出てくるワイン。

とっさによちこ、噴出す瓶に口をつけて受け止める!!!


さみゅ姫もわたしも唖然!そして大爆笑。


これぞ酒飲みの本能!


あまりお酒に強くないさみゅ姫には韓国のお酒マッコリをチョイス。
予想以上にお気に召していただきありがたき幸せであります。



そんなこんなで盛り上がり夜はふけて行ったのでした。



って最初に撃沈したのは私(笑)満腹すぎてリバースしそうになったのでさっさと寝ました(笑)




2日目に続!
[PR]
by NyaAndxxx | 2009-09-10 19:52 | ツーリング
<< 【第三話】秋の青空の下、キャラ... 【第一話】秋の青空の下、キャラ... >>